ニュースリリース

「世界一サステナブルな牡蠣養殖を目指す」沼田BASEがパートナー牡蠣養殖業者を全国で募集開始!

  • Pocket
  • LINEで送る
LINEで送る
Pocket

牡蠣養殖の実証実験に向けたパートナー企業の募集開始

沼田BASEは、「世界一サステナブルな牡蠣養殖を目指す」ために、実証実験をともに行う牡蠣養殖業者を全国から募集いたします。福祉に生産性をもたらし、障害者の価値を向上するために2019年11月にアイデアベースでスタートした新規事業「パレットを牡蠣筏に」が2020年8月より開催された「始動Next Innovator 2020」に採択されブラッシュアップを経て再始動いたします。
福祉、水産業、運送業の抱える課題を相互に補完することでサステナブルな世界を実現する本モデルの実証実験に向けたご協力をよろしくお願いいたします。 

「世界一サステナブルな牡蠣養殖を目指す」沼田BASE合同会社(以下、沼田BASE)は本日2020年12月21日より、牡蠣の製造工程に廃材と障害者の雇用を組み込む実証実験に向けて全国からパートナーとして協業いただける牡蠣養殖事業者の募集を開始いたします。

​事業概要

本事業は昨年2019年11月に行われた「パレットアワード2019」で最優秀賞を獲得した、「パレットを牡蠣筏に」をベースに、牡蠣養殖の製造工程に沼田BASEが保有している障害者支援のノウハウと廃棄予定の木製パレットの加工法で製造した牡蠣イカダを組み込むことで、環境負荷を抑えながらコストを削減し、雇用を創出する事を目指します。また本モデルは2020年8月より開催された「始動Next Innovator 2020」(※1)に採択され、ブラッシュアップを経てより洗練されています。

​募集期間

日本時間の2020年12月21日0時00分から2021年3月31日23時59分まで

実証実験の概要

1.廃棄予定の木製パレットを加工した牡蠣養殖用イカダでの牡蠣養殖
2.製造工程へ知的・精神障害者の登用
3.支援マニュアルのブラッシュアップ

​応募条件

以下のいずれかに該当する法人、団体、個人
1,日本国内で牡蠣養殖を行なっている
2.牡蠣養殖が行える漁業権を持っている
3.沼田BASEを全力で応援したい

 【沼田BASE合同会社について】
私たちの企業理念は 『世界をもっとおもしろく』です。 年齢、性別、国籍、障害の有無、趣味趣向、LGBTなどの垣根を撤廃して、すべての人々の『生きづらさ』を解消したいと思い活動しています。最初の一歩として、障害の有無に関わらず自分らしく生きることを応援できる社会福祉業を選びました。今後も地方の過疎や労働力不足を解消するための事業の展開を予定しています。 この活動にはたくさんの理解者と共犯者が必要です。新しいことは批判や色メガネで観られがちですが、私たちはそれらの偏見や固定観念を覆していきます。
沼田BASE合同会社:https://numatabase.com

「始動Next Innovator」とは

今、新型コロナウイルスの流行によって世界で急激な社会変革、価値観の変革が起きつつあり、グローバルに共通した新たな社会課題も生まれています。今こそ既存の組織や産業の枠を超えて事業機会を見つけ出し、新たな価値を創造するために果敢に挑戦し続ける行動的な「イノベーター」が必要です。
「始動Next Innovator」は国内プログラム(全17日間)及び選抜者を対象としたシリコンバレープログラム(全10日間)、Demo Day(2021年2月予定)で構成されており、国内外で第一線で活躍する講師ならびに、例年約80名を超えるメンターとともに実践的な活動を遂行することで、必要な知識・スキルを経験的に身につけ、イノベーターシップを持つ人材の育成を目指します。
未来を作り出す意思を持つ幅広い層から参加者を募るため、今年度の国内プログラムは全てオンラインで実施します。

LINEで送る
Pocket

  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*