ニュースリリース

【水産タイムスに取材を受けました】

  • Pocket
  • LINEで送る
LINEで送る
Pocket

本日、パレット牡蠣プロジェクトについて、水産タイムズ様に取材していただきました!

水産タイムスとは

水産タイムズ社は1955年(昭和30年)に創立し、2015年度で60周年を迎えました。刊行物は、週刊新聞「水産タイムス」、日刊速報「水産タイムス」(Web版)、週刊新聞「冷食タイムス」、日刊速報「冷食タイムス」(Web版)を定期発行しているほか、年刊「冷凍食品業界要覧」、その他出版物を多数発行しております。
また、水産、食品業界の発展拡大の一助となるべく、国内研修セミナー、海外視察セミナーなどの企画を活発に実施しております。中でも海外視察セミナーは創業当初から企画開催しており、欧米をはじめ世界各国に多数の視察団を派遣し、最新の食トレンドを学ぶなど、多くの成果を挙げております。海外視察の参加メンバーは延べ2500名を超え、参加者の中には企業トップをはじめ、業界リーダーとして活躍される例も多数出ております。
日刊速報の2つの媒体は当初、A4判の紙ベースで発行しておりましたが、IT時代の到来に対処するため、業界に先駆けて電子版(Web版)とし、その日のニュースをその日お届けする迅速な情報提供の仕組みに変えております。
また、食品業界と関連機器・資材業界をつなぐWeb媒体「Food Engineering Times」(略称FEN=フードエンジニアリングタイムス)を2008年(平成20年)に立ち上げましたが、送信先は1万2000名を超え、読者は国内はもとより、海外にも広がっています。
これからも水産、食品、ならびに関連業界の健全な発展に資する専門ジャーナリズムをめざし取り組む考えです。関係先のご支援ご指導をお願いします。
株式会社 水産タイムズ社 代表取締役会長 越川 宏昭 
代表取締役社長 佐藤巳喜夫

http://www.suisantimes.co.jp/outline/aisatsu.shtml

水産タイムズは水産・低温食品に関する様々な関係データを発信しており、関係業界はもちろん、大手メディア、研究調査機関などにも利用されています。

2020年には創業65周年を迎える老舗中の老舗。 そんなメディアの方にみっちりと一時間も話を聞いていただけたことで、本プロジェクトの注目度の高さを感じました!!

・パレット牡蠣のこと
・今後の展開
・なぜクラウドファンディングなのか?
などなど、

かなり深掘りしてくださったので記事が楽しみです!詳細な記事は改めて公開させていただきます。

引き続きウォッチお願いします!

↘️水産タイムズの情報はこちら

http://www.suisantimes.co.jp

LINEで送る
Pocket

  • Pocket
  • LINEで送る

お困りごとがあれば一緒に考えます。

沼田BASEでは現在、広島市安佐南区の沼田町を拠点に就労継続支援B型事業所を運営しています。

年齢や体調などの面で雇用契約を結んで働くことが困難な方が、短時間から就労できます。

仕事内容はPCやスマートフォンを使った打込み作業などの軽作業から農耕作業、清掃作業など選択肢を多く用意しています。ご本人のニーズに合った仕事を自分のペースで選択し作業していただけます。

その作業で生産された成果物に対する報酬が支払われます。A型に比べると報酬は多くないことが多いですが、自分のペースで働くことができます。

詳細はこちら

コメントを残す

*